ねこきも更新案内へGO! ☆

…selected entries…

        

…recent comment…

………archives………

………categories………

…search this site.…

…………others…………

◇◆スポンサーサイト◆◇

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.05.05 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ◇◆リンテ手術Ω〆嵯覯蔓 

    19
    退院1.5日後の21日日曜日朝
    経過確認と包帯をとりに診察へ行きました
    それまで、万が一傷を掻いたりして大変なことになっては嫌なので
    だれかしら様子を見るようにしていましたが
    巻かれた包帯を気にするそぶりすらなく・・・
    用意してもらったエリザベスカラーの出番なし
    診てもらったら経過もよさそうとのことで
    お注射一本とお薬3日分もらって帰宅
    これから抜糸までは
    包帯なしでカラーして過ごす予定なのですが
    あまりに傷を気にしないので・・・と相談の結果
    様子を見つつ
    カラーなしでお洋服を術後服にして過ごすことにしました
    リンテさんの環境だとカラーの方が心配でしてね・・・( ̄ω ̄;)

    相変わらず傷痕を気にしないでくれている、リンテさん

    以前、トポの毛毟り対策に作ってもらったチョッキがピッタリ!

    ちょうど傷まで隠れます

    伸びないキジなので腕が脱げたり引っかかったりの心配も少ないです

     

    日曜の夜まで居間で様子を見てもらい

    夜から元の猫部屋へ戻りました

    いつもの場所で日向ぼっこ中

    こちらは洗い替えで試着中のトレーナー生地のチョッキ

    あと同じくトレーナーでダックス用のピンクのと

    綿のピンクのチョッキがあります

    ためしに色々着せてみましたが

    目を離してる時は、綿のチョッキが安心です

    トレーナーのは時々手が抜けてたりしてました

     

    リンテさんが居間で様子見だった2泊3日

    私も一緒に寝泊まりしていて

    一緒に猫部屋に戻ったのですが・・・
    当のリンテさん、とくにどこでも問題なし
    トポおじいちゃん、特に変わった様子なし
    愛、特に変わった様子なし
    鈴之真、ストレスMAX大爆発

    という大惨事( ̄ω ̄;)

     

    私が部屋に戻ってから、持病的なアピールしっこを同じ場所に30分で7回

    その後!突然

    チョッキを着たリンテさんに気が付き?、飛びあがって驚き・・・・・・

    戻った直後には鼻付き合わせてにおい嗅ぎ合っていたので

    病院帰りでも大丈夫でよかった。と思ったのに今頃?というタイミング

    シャーシャーはじめてしまい・・・

    1週間ほどでやっと落ち着いてきました( ̄ω ̄;)

     

    鈴ちゃま・・・かわいそうに・・・

     

    それはそうと、タイトルの検査結果ですが

    27日に聞いてきました

    実は同じ日、母も腫瘍の検査結果を聞きに行く日でした

    母も何かよくわからない腫瘍で正月から手術しておりまして

    最近の手術って、エッもう入院してなくていいの?( ̄ω ̄;)

    ってくらい、早く帰ってくるんですねえ・・・

    経過もよかったので最短コースで退院でした

    で、母の検査は良性でホッとしたのですが

     

    まぁ、リンテさんは猫なのでやはり

    腫瘍は悪性だったそうです

    先生も今後の選択肢について色々挙げて下さいました

    色々あることを挙げてくれるのは大事だと思います

    その上で、
    再発を注意して経過観察 で行こうと思っています
    ただ、おなか開いて実際みたら見えるくらいのぽつぽつの腫瘍が他にあった
    のは、不安要素
    とりあえず乳腺全摘してしまうのも手だそうなんですが・・・
    年齢もあるし・・・麻酔の不安もあるので
    とりあえずで手術するのもちょっと抵抗があります

     

     

    当のリンテさんは・・・

    チョッキで不便かと思い

    念入りに背中を掻いてブラッシングして拭いてやるのが

    大変お気に召しているようです(´ω`*)

     

     

    JUGEMテーマ:ねこのきもち

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    ◇◆リンテゼ蟒僉〔技退院◆◇

    19

    リンテさん無事に退院しました〜!

     

    おりこうさんに、・・・というより

    むしろ術後なのにこんなに身動きもせずゴロゴロ言っちゃって大丈夫か。。。( ̄ω ̄;)

    ってくらいに驚くほどおとなしく傷にお薬塗ってもらい

    ピンクの包帯を巻いてもらい無事帰宅〜

     

    今まで暮らしていた猫部屋は

    トポの止まらないくしゃみ鼻水や

    鈴の止まらないしっこアピール満載なので( ̄ω ̄;)

    さすがに術後はよろしくないと思い

     

    自称猫嫌い母へドーナツ賄賂を贈り(笑)

    居間で暫く置いてもらうことになりました〜

     

    帰宅して居間に出てみて・・・

    まず叔父にすりすりし
    撫でてもらってご満悦なリンテさん
    座った母の膝に、すかさず乗ろうとして嫌がられを繰り返し(笑)

     

    お嬢さんがよく座っていたところに座ってみたり

     

    棚の下の方にしまいこんであった

    お嬢さんのお気に入りだった素焼きの猫皿ベッドに入ってみたり

    とにかくナデナデしてもらいたがっておりました

    辛そうにしなくて、こちらの気が楽でよかったです

     

    退院の朝(仕事帰りに迎えに行く予定)病院から電話があったので

    様子はどうですか?と聞くと

    ごはんも食べて機嫌もいいです

    と・・・・・・

    状態とか様子ではなく、機嫌???って思ったんですが

    まぁご機嫌がよろしいにこしたことはないのでよかった〜
    お迎えに行って詳しく聞きましたところ
    なんと
    奥さんが様子を見てて・・・
    リンテさんったら麻酔から覚めて、まずいきなり手を伸ばしてきて
    だっこ!
    なでて!
    だったそうで・・・( ̄ω ̄;)

    ナデナデしているとゴロゴロご機嫌だったそうです

     

    リンテ姐さん大物過ぎるわ・・・

     

    まあでもやっぱり、ご機嫌がよろしい分には

    こちらもとっても気が楽なので、よかったです

     

    痛くもないのにおなか切っちゃったわけですからね〜・・・(´;ω;`)

    大きく構えていてくれてありがとうね リンテさん(´ω`*)

     

    今日は、居間の一番日当たりのいいソファ裏に入っていったので

    ふかふか敷いたらそこでずっとひなたぼっこしています

    ちなみにこのふかふか

     

    母(自称猫嫌い)が昔、自分で働いて買った

    成人式のときのふわふわ襟巻なのです

     

    もう使わないから猫に敷いたらと

    母がくれたものです

     

    なんだかんだと、猫を構ってくれる

    自称猫嫌い母なのでした(笑)

     

    JUGEMテーマ:ねこのきもち


    ◇◆リンテぜ蟒僊 

    17
    今日はリンテさんのおなかの腫瘍の手術でした
    写真はお外にいた頃の凛々しい一枚

     
    最初の13日(13日の金曜日)の予定を延期して
    20日(仏滅)の予定でしたが・・・
    手術+入院一泊の予定なので
    土曜日を仕事休みにしてもらい一日繰り上げ
    19日(先負)に手術にしてもらいました
    手術は午後からなのでね
    前からの予定なので急用ではないし
     
    と、色々ゲンを担いでみたりしつつ・・・
     
    時間的にも予定通りに無事手術は終わったとのこと
    麻酔からも覚めているとのことで
    連絡いただいてほっとしました
     
    実はリンテさん先週から急におくちが痛い様子を見せるようになり・・・
    またまた相談の結果
    今日の手術の時に一緒によ〜く見てもらうことになっていました
    おくちのなかもあまり状態良くなかったようですが
    無理して抜歯するほどでもなく、歯垢を少しとってもらい痛そうな部分はレーザー処理してくれたとのこと
     
    肝心の腫瘍ですが
    検査はこれからなのでわかりませんが
    色的にいい感じではない様子・・・
    数も気になっていた一個だけではなく
    小さいのもあったので予定より少し大きめに取ったとのことでした
     
    今日はリンテ姐さんは病院で一泊・・・
    どうしているかしら・・・・
    いたいのいたいのとんでけ〜(´;ω;`)
    お帰りは明日です
    雪降りませんように!

     
    数年前に撮った
    そろそろ節分ですね〜 な、写真

     
    ところで、このブログ最近
    改行と行あけが、記事書いているときと
    公開後のブログで違うのが困る〜><
    いちいちタグモードにしてタグ入れていくの面倒・・・
    私はPCから書いていますが
    他の皆さんもそうなのかしら・・・

    JUGEMテーマ:ねこのきもち

     

     

     


    ◇◆テール、抜糸無事終了◆◇

    11


     おかげさまで、テールの抜糸も無事終了しました
    ありがとうございます

    予定通り、先生と奥さんに往診で来ていただいて抜糸しました

    一旦タモで捕獲してシーツで包んだところに鎮静を
    抑えた時に「ミギャーーーー!」と酷い恐怖の悲鳴を上げていました

    この暫くすると吐き気がしてくるんだそうで、
    (今回も12時間前から断食、9時から断水?)
    しばらくするとオエッっとおよだれを吐いてました
    そしてだんだん横たわってきたけどなかなか倒れず
    頑張って暫くウーウーうなってました><;

    そして抜糸。
    おシッポと、おなかの上から下まで、糸いっぱいです
    折角の機会なのでかぶりつきで見学してしまいました・・・

    終わったら奥さんが爪切りしてくれました
    (今までは父にしてもらってた話をしたからかと・・・)
    この機会に、ブラッシングもせっせとさせてもらって

    起きる薬とやらを

    5分くらいでフラフラと起きてきました

    ものすごい恨みがましい目で見てきます
    「この人たち(先生たち)を連れてきたのはお前かっ! 
    しちにんめ!!!!

    そんな声が聞こえてきたような気がものすごくします><
    超唸ってます><

    奥さん「テールちゃんすごい眼力ね」

    さすが奥さん、いい表現です


    そんなわけで(?)傷は無事くっついているようで無事抜糸完了しました
    大事を取って、今しばらくエリザベス生活です




    ところで、夜になってもテールが凄く私に怒っています
    警戒してるし、すぐシャーするし、うなっています
    大好きな「カニカマスライス」でご機嫌をとってみたら
    近寄らずに食べる
    怒りながら食べる
    ・・・・・・
    まぁ、食い気に負けているようなので、大丈夫かな・・・・・・

    ところで、いまさらですが、鎮静剤って、どんな作用なんですかね
    意識あるんですかね?
    目は見開いてるし、意識ありそうな気がするんですよね
    感覚もありそうな気がするんですよね
    それなのに体の自由だけきかなくなるんですかね
    ・・・そうだったら・・・それって怖いだろうな〜・・・

    まぁ、テールの場合暴れるからしないと絶対無理ですけどね><




    抜糸、終了しましたが、写真は抜糸前の写真です
    おなか出して寝てたので撮ってみました





    傷の一番上はこの辺から><





    丸刈りのおなかの縫い目の上(テールの左腹)の白っぽい線は
    7年前切った痕です><



    お嬢さん傷だらけね・・・・・・

    おシッポにおできができはじめた数年前
    病院で相談したら、猫のおできは危険だからしっぽごと切断だと言われたところ
    父に、テールはもう切り刻まないであげて。と言われていたし
    病院がどうしようもなく大嫌いになってしまったし
    もう高齢だし、推定だからもしかしたらもっと高齢かもしれないし
    持って生まれたおシッポがいきなり短くなっちゃうなんて切なすぎるし
    心配で心配で心配でしたが

    結果、おおむね良好で無事終了して
    とにかくほっとしました。

    なんだか、しちにん、テール嬢にますます嫌われてしまいましたが
    まぁ、いたしかたなし・・・・・・
    しょうがないので
    テールは母と叔父に可愛がってもらおうと思い
    ワイロを送っておきました(笑)
    先生いらしたとき、母と叔父はいなかったのでね
    妹はこわごわ扉の陰から見てました
    しちにんはウッカリよーく見てしまったので・・・・・・
    今思えば先生にお任せして隠れてればよかったなぁ・・・・・・
    うっうっ・・・

    またカニカマスライス買ってこよ・・・










     おまけ 

    さて、過去へと過ぎ去らないうちに写真を使おうと思います(笑)

    芽吹きの季節がやってまいりましたね〜

    職場のケヤキが芽吹いてきました
    近くのケヤキ並木から種が飛んで来て植木鉢に生えてきちゃったケヤキです





    草木の新芽の赤色が好きです




    ツタもつやつやの若葉



    新芽はやっぱり赤い




    職場の桜です。咲いたことありませんが桜です・・・。



    桜も若葉は赤みがかっています



    ミノムシさん もー、春ですよ〜




    こちらは庭の赤バラの若葉です
    赤い〜





    濃いピンクの白斑入りのバラの若葉はもっと赤い〜




    アジサイは赤くない〜




    柿の新芽も赤くない




    モモは赤い〜




    山椒も赤い〜



    カマキリの卵はっけーん




    アーモンドの花も咲いてました
    今年の初モンシロチョウはっけーん




    お榊の花もまた咲いています








    以前UPした記事に入れたつもりの写真が抜けていることに
    気が付いたので追加しました><
    2012.12.19

    なんかへんだなーと思われた方もいらっしゃるかと・・・

    ごろままさん、失礼しました



















    JUGEMテーマ:ねこのきもち












    ◇◆テール術後と検査結果◆◇

    12
    どうも時のたつのが早くて・・・・・
    撮りためた写真が超高速で過去のものになっていきます
    え、ただのブログサボり病ですかΣ(°Д°;
    すいませんすいません

    と、いうわけで、
    先週のテール嬢です



    今まで通りこんなとこにのっかって寛いでいます◎



    ソファの背で横向き寝?は初めて見たΣ(°Д°;
    エリザベスカラー対策に編み出した寝方であろうか・・・・・・






    ごはんは大変そうですが、辛抱してくれい



    丸刈りの短いおシッポが無残なので★さんでかくしてみました……




    当初のごはん配置



    鈴之真の「お布団でジョー」対策にまとめ買いしたはっ水布(こげ茶色)が
    こんなところでお役立ちになるとは……
    お水こぼしてもプルンプルンとはじいてくれます
    でもドバーっとひっくりかえすのでトイレシートも活用・・・

    先日(かなり前)キラりんさんがおススメしていたウィルバス
    これも去年まとめ買いしていたのですが、こんなにお役立ちなるとは……
    手術の傷痕は丸出しなので
    せっせと殺菌、殺ウイルスのため部屋中シュッシュしています






    ところで、叔父が、
    テールが私をちらりと見る時
    変なアテレコをするんです・・・・・・










    ええ〜ん

    ほんとに言ってそうなカオしてるううう









    と、そんなカワイソウなしちにんとテール嬢に贈り物が届きました

    かんのつれづれ日記の、かんのママさんから、手縫いのブランケットです

    テール嬢の丸刈りで寒そうなおシッポを気遣って
    急いで作ってくださったそうです
    ゆうこさんに頂いたのと同じ布でパッチワークになってます
    手触りもやわらか〜



    テール嬢ったら、かんすけくんのマネして
    王様マントずるずるしてご満悦?の様です
    いつも気にかけてくださってありがとうございます







    さて、手術でとった腫瘍の検査結果が昨日出そろいました
    乳腺腫瘍が硬化してるとかで、溶かすのに時間かかってました
    その時点でやーな予感がしたとおり
    乳腺腫瘍は悪性でした
    でもまぁ、肺にもリンパにも転移はなかったという結果も出ました
    猫の乳腺腫瘍は90%以上の確率で悪性だそうなので
    7年前の乳腺腫瘍が良性で7年再発なしっていう事の方が
    奇跡的すぎたようです(笑)
    今後は転移しないことを祈って過ごすほかない感じです
    おシッポの腫瘍の方は良性でした◎
    あと、膀胱炎を頻発するので糖尿を疑われていたのでその検査も
    糖尿病ではありませんでした◎
    その他の血液検査の結果も
    年齢相応の腎機能低下くらいでおおむね良好◎
    腎臓病に配慮のフードに変えるか検討中
    でも腎臓病食って、おいしくないんだそうです><

    ちょうど片づけをしていたらだいぶ前の某新聞のペット紙がでてきて
    ちょうど乳腺腫瘍の特集もありました



    恐ろしいこと書いてありますなぁ・・・
    でもほんとに、しこりに気づいたときには肺に転移してることが多いそうです
    みなさんも、ねこさんのおなかをそーっとモミモミして
    チェックすることをお勧めします◎
    とくに、不妊手術してない又は遅かった女子がなりやすいらしいです
    男子がならないわけではないらしいので
    うちはみにゃさん時々モミモミしています








    JUGEMテーマ:ねこのきもち












    ◇◆無事生還しました!◆◇

    14
     取り急ぎ前記事のコメントにてお知らせさせていただきましたが

    テールの、乳腺腫瘍と断尾の手術、無事に終了できました

    皆様、ご心配、応援、励まし、本当に助かりました
    ありがとうございます!



    さきほど、16日20時くらいのテール嬢です
    手術後初めて自らお水を飲んでくれた時の写真です
    このとき、おトイレ小も一回 ◎

    良い眼力です
    しかも珍しいくらいにかわゆく撮れています
    エリザベスはしっぽに届かないための大きめサイズ・・・
    首サイズをあわせるために荷造りテープ留めです




    折角なので手術の記録をφ(。_。 )メモメモφ

    前日の相談の結果
    当初の予定だった「往診してもらって眠くなる薬を打ってもらう」計画は
    手術の開始時間が遅れてしまうという問題があり
    やはり「えいやっ!」と11時半にしちにんが連れて行くことになりました
    またたびで釣る計画でしたが(先日大喜びでくねくねしていたので)
    異変を感じたらしく、まさかの最初から
    「ウーッ
    結局あちこち追いまわし・・・
    「シャーッシャーッ
    当初の予定だったネット入れをあきらめ
    横開きのキャリーに変更
    部屋の隅にケージと座布団で追い詰め・・・
    ざぶとんでギュウギュウ押し込みました
    しちにん、まさかの無傷
    心は重傷ですが・・・うう

    病院でタモに押し込み、鎮静
    その間に、術後入れてもらうケージを家へ取りに・・・
    興奮しているので鎮静の効きが悪いかもとのことでしたが
    採血もレントゲンもできたとのこと◎
    そして全てをお願いして帰宅して、レントゲンの結果待ち

    無事、肺への転移はない様子だという事で手術へ・・・
    助っ人の先生も自分の病院のお昼休みに駆けつけるので
    時間の前後も懸念されましたが
    何事もなく時間通りの13時ごろ手術開始

    しちにんは、とりあえず何かゲンを担ごうと思い
    かつ丼を食べ・・・・・・勝利を祈って
    とりあえず神棚に神頼みをしてみました

    病院から電話が来たのは16時10分過ぎ
    麻酔から無事覚めてきたのを確認してのお電話でした
    手術が終わったのは15時40分くらいだそうで
    2時間40分の大手術でした

    麻酔がきいているうちにケージに入れてもらって
    そのまま家へ運ぶ算段です
    しちにんは車の運転ができないので、
    妹が仕事から帰宅してからの、18時半ごろのお迎えです

    その間、職場の猫嫌いだった歴60年さんからメール
    (助っ人の先生の予定合わせの金曜日手術だったので、
    仕事はお休みもらいました)
    「しちにんさんがいないから恵さんが帰ってこなくて
    猫歴70年さんが頑張ってるけどダメっぽい」
    というわけで、恵さんを呼びに職場へ
    ・・・・・・
    中にいるはずの、中にいてほしいはずの
    トポ太郎ちゃんが外でお出迎えしてくれました
    うっかりしたら出てたらしくて・・・・・・
    長い愚痴になりそうなので割愛(笑)
    猫歴70年さんに先に帰ってもらったら恵さんはすぐ戻ってきて
    久しぶりに夕方外に出てしまったトポを戻すのに一苦労
    なんとか18時すぎに捕獲成功
    間に合わなかったらもう一回行こうと思ってましたが
    テールのお迎えに間に合いました

    予定通りお迎え
    レントゲンと、ホルマリン漬けになった腫瘍を見せてもらったり
    家に帰ってからの注意点とか聞いたり・・・
    抗生物質は錠剤で飲めなかったら大変なことなので
    3週間効くというお注射にしてもらいました
    痛みどめも今日の分はお注射
    お薬は痛みどめを一日一回、3回分
    テールは私を見たところでゼッタイ怒るので
    目隠し用の布も取らずに様子だけ聞いて受け取り

    家に帰ってちらっと覗いてみました
    まだ注射の痛みどめが効いてるのか
    そんなに辛そうな顔ではなくてよかったです
    「うーーー・・・・・・」
    やっぱり怒ってます
    母にも覗いてもらいました
    「・・・・・・」
    母だと、うーとか言いません
    大好きな母の顔を見て落ち着いてくれればいいのですが

    安静のため、なるべくケージでとのことなので
    エリザベスでケージをガシャガシャやってても、しちにん、じっと我慢
    一晩中、うなりながらガシャガシャ、ガシャガシャ・・・・・・
    時々強くエリザベスをぶつけてしまったのか
    「ぐふっ おえっ カハッ」
    って、言ってて・・・
    しちにん、ドキッとしてそっと布をめくっては唸られ・・・
    ハラハラ、ハラハラ・・・・・・
    ガシャガシャ、ガシャガシャ・・・・・・
    ハラハラ、ハラハラ・・・・・・
    ガシャガシャ、ガシャガシャ・・・・・・
    「ぐふっ おえっ カハッ」
    「テールさんテールさん、辛抱してくれ〜〜
    「ううー・・・ううー・・
    ハラハラ、ハラハラ・・・・・・
    ガシャガシャ、ガシャガシャ・・・・・・

    たぶん、トイレ行きたくて怒ってるんじゃなかろうか
    あと、いつもの場所で寝たいのかもしれん
    いつもの場所で寝てた方がガシャガシャやってるより安静かもしれん
    かといって、これだけずっとガシャガシャやってて、
    ちょっと長く音がしなくなると
    今度は心配で心配で
    でもせっかく寝たのかもしれないし・・・と思ってる間にまたガシャガシャ
    ハラハラ、ハラハラ・・・・・・
    「てーるさーんおねがいしますよおお
    「うーーー
    ガシャガシャ、ガシャガシャ・・・・・・

    しかし・・・
    もしソファに飛び乗り損ねたら絶対にやばい
    抱き上げるにも腹は上から下まで傷がありますし・・・
    ううう、しかしここは日の出までガマンすることを決意



    16日 朝5時
    ケージから出したらまずトイレに駆け込み、おトイレ小
    そして部屋の端に一応用意しておいた隠れ家ではなく
    やはり、ソファの上のいつもの場所へ
    しかも踏み台を使わずジャンプ!(エリザベスが邪魔で)

    いつもはこの白い椅子を使って上り下りしています
    最初はいつものようにバスタオルの中にもぐりましたが
    やはりエリザベスが邪魔すぎたらしくいつのまにかこうなってました
    これは15時ごろ撮った、術後初めてとった写真です
    朝5時からずーっとこの場所で寝返りをするだけで移動しません

    そして最初の写真の20時ごろ
    急に思い立ったように起き出して
    まず、いつものごはん置き場へ
    し、しかし、大きめのエリザベスが邪魔すぎて
    水とフードはもちろんエリザベス考慮して置いておいたのですが
    あえなく上手くいかず・・・
    水をあちこちで見事に全こぼしして、こっちが慌てているすきに
    いつものように、食卓へ飛び移ろうとしていて
    慌てて飛ぶ場所に板をやって歩けるようにしましたが、
    ジャンプ!
    ヒー
    食卓へ無事?着地
    そこでようやく、いつもの水飲みを(神様用の水入れ・・・)
    しちにんがコッソリと手で支えた状態でお水にありつけました
    が、減ってきた水を足そうと油断したゆえに、また勢いよく全部こぼし・・・
    イライラしながら食堂にしばらく滞在
    椅子から降りるように叔父が配置してくれた段ボールを使わずに床に降り
    色々と突破して水飲み用の洗面器がある風呂場へ
    ヒー
    その辺消毒してないよう
    洗面器でもうまく水が飲めず大変ご不満の様子・・・・・・
    お皿も洗面器も高くしたり支えたりしてるので
    舌が全然届かないようではなさそうなんですが
    不便でイラッとしているようです
    でもこれから最長3週間くらいエリザベス生活してもらわなきゃならないので
    (しっぽと腹部の上の方と下の方の傷は付きにくいそうです)
    お皿も色々工夫して試してみる予定ですが
    慣れてもらうしかないなぁ
    その後しばらく絨毯の上で寝そべって
    またいつもの場所に戻っていきました

    まだご飯を食べる気はないのと、
    痛みどめが飲ませられていないのが心配ですが
    お水を飲んだのと、麻酔も完全に切れたので
    もう、よっぽどのことがない限りは危険になることはないとのことです
    ちょっと一安心です


    ほんとに無事に帰ってきてくれてありがとうね
    テール嬢







    おまけ・・・
    マルガリで短くなってしまった痛々しいおシッポの写真です
    母曰く「ついてるのかと思った・・・ゴボウみたいね」だそうです・・・

    ちょっとブレてるので公開・・・









    JUGEMテーマ:ねこのきもち
    じゅげむテーマ入れるの忘れてた><







    ◇◆明日手術◆◇

    9
     皆様応援コメントありがとうございます

    テール嬢とうとう明日手術です
    無事に終わるよう祈ってくださるとありがたいです
    どうかどうかうまい具合に終了しますように!

    相談の結果、
    11時半ごろ麻酔開始でまず検査&レントゲン
    1時ごろ執刀予定
    3時ごろ終了予定
    おシッポ切断は乳腺の方の時間&麻酔の残り効き具合次第で
    できないかもしれないとのこと
    日帰り予定
    抜糸は往診予定
    今夜24時から断食、朝9時から断水?でっす
    誤食が心配なのでしちにんも居間で寝る予定でっす

    リンテ&鈴之真はお部屋で夜の初留守番?です
    だいじょうぶかな〜


    JUGEMテーマ:ねこのきもち







    ◇◆手術予定◆◇

    9
    どうも、毎度ご無沙汰しております
    コメントも頂きっぱなしになっており大変失礼して申し訳ないです
    一段落したらおへんじするぞぉ〜♪と思っていたのですが・・・


    実は、
    「もう大嫌いな病院通いはしないで平穏に余生を過ごす」
    と、決めていたテール嬢なんですが
    先日しこりがあるのに気づき
    悩んだ結果

    乳腺腫瘍を取る手術をすることにしました

    今のところの予定では15日に、右側を全摘の手術予定です
    以前左側の腫瘍を全摘してまして、
    そのとき良性腫瘍だったのと似てる感じなので
    たぶんまた良性っぽいんですが、もし良性でも猫だけに癌化する率は高いし、
    良性でも破けて膿んだりしやすいらしくて・・・
    いちおうねこきも相談室にも電話して聞いてみたりして
    やっぱりそのままにするとやぶけてくるという話だったので
    破けたらそのままにはできないだろうから
    結局、病院に掛からなくてはいけないなぁと思って・・・
    そうなってからでは苦しいだけだなと思って
    病院に行かなくても苦しむようじゃ元も子もないと思って
    決心しました

    テールは尋常でなく病院が怖いので、
    その強ストレスがどう影響するか心配でしかたありません
    慣れてない野良猫の方がまだ楽なくらいに
    テールは病院が嫌いです・・・やばいです
    先生に相談して、いまのところ、手術時間直前に往診で眠くなる薬(どちらにせよ麻酔前に使う薬だそうです)を打ってもらって眠くなったところで病院に運ぶという感じで予定しています
    難しい手術ではないとのことですが
    胸の上から下腹まで全部切る大手術ではあるので
    他から先生を呼んで二人でやってくれるそうです
    入院は極力なくして、自宅療養で消毒を頑張る方向です
    抜糸も往診予定

    あと、しっぽの腫瘍?おでき?も、ついでに診てもらう予定なのですが
    これも病院二か所で相談しましたが、
    何か処置をするとしたら、しっぽ切断 だそうです

    いまの半分以下に短くなる状態を想像すると
    切なくてしようがありません

    この、しっぽのおできとはかれこれ4ねん位のお付き合いで
    だんだんとでっかくなってしまっているのですが
    4年くっついてて生存しているのでこれも悪性ではないのだと思います

    悪性じゃないなら切り刻むよりこのままでもいいんじゃないの?
    そう思って4年・・・
    しかし、いつ癌化するかもしれない爆弾なのかもしれません
    だったら、姿を気にするより切り落とした方がいいんじゃないの?
    そうも思います

    こんどこそ、これで最後にしたい病院通いです
    麻酔のついでにいっぺんに処置してもらうべきなのか否か

    大事なだいじなかぎしっぽ・・・

    まだ、しっぽのほうは悩み中です・・・


    よく相談に乗ってくれる先生なので、
    色々よく考えて、
    テールが少しでも恐ろしくないように事を運べるよう考えていく予定です


    頼りない巨体(4.6キロ)で精一杯威嚇しまくりながら彷徨っていたテール嬢を
    拾った時から、私の願うところは変わりません
    老衰で死んでほしいのです
    この猫が老衰で死ぬためにはどうしたらいいか。そう思って拾う決心をしたわけです
    もちろんテールにかぎらず、みんなですが。

    どうか、テールが元気で長生きして老衰でおだやかに死んでくれますように









    JUGEMテーマ:ねこのきもち










    ◇◆乳腺腫瘍(2005年5月)◆◇

    0
      今日はちょっと過去の手術のことを書いてみたいと思います
      テールお嬢さんの乳腺腫瘍の手術です


      ギョッとするタイトルなので結論を先に言いますと
      残りの10%(良性)だったのですが・・・(悪運強し力こぶ


      2005年の4月の中頃、テールの胸にしこりがあるのを父が発見しました……。
      私の小指くらいあるそれをほおって置くには不安すぎるので病院へ。

      猫の場合、腫瘍は90%悪性なんだそうです。

      診察した先生にそう言われて、私は(……あ、じゃあ、テールは癌なんだ)と思ったわけです。
      その後、肺に転移してないかどうかレントゲン云々~と説明をしてもらい始めたら
      どーーーーっと涙が。
      転移。ああ、転移しちゃうんだ。と。
      その、転移と言う言葉が急にガツン来ちゃったのですよ……。

      で、この大きさでガンだったら、肺まで転移してる可能性が高くて
      そこまできていたら、手術は諦めて、いかに苦しみを少なくしていくかについて
      相談しましょうということになりました

      とにかく、飼い始めてから猫貯金お金しておいて良かったと思いました。
      人間についてもそうだけど、この人間の世界で
      特に病気においては命はお金で買えると言い切っても過言じゃないからねぇ……

      そんなわけですが、レントゲンの結果、肺への転移も無く無事に手術が出来、無事に終了。
      仕事帰りに早速見舞いに行きました。
      自転車こぎながら、「ぐったり。とか、ぜいぜいはぁはぁしてたら凹んじゃうなぁ……」と思いつつ。
      面会すると

      むっちゃ怒ってました!!困った困った

      ウ~ウ~ シャーシャー言ってます困った困った困った

      言いっぱなし困った困った困った困った

      ・・・・・・・・・・・

      良かった・・・元気そうで悲しい(感涙)←違!
      でもほんとにほっとしたのでした。

      しかし、全身麻酔が覚めてからずっと上記のように怒り、暴れているようで困った

      ご飯も食べず
      点滴を引きちぎり
      怒りっぱなしで寝ても居ない様子だとのこと

      大好物のホタテの水煮を持っていきましたがそれも食べなかったようです泣く


      これでは入院のストレスが猫一倍心配されるとの判断で
      一週間入院の予定が、たった3日で退院と相成りました。

      9日の手術~11日の入院から、げっそりした表情で帰ってきました。
      入院中、何時行っても怒って唸ってたから相当疲れたのでしょう。
      寝てもいられなかったのでしょう。


      ぐっすり寝ておりました。
      がんばったね。テール。よくがんばってくれました。

      今思えば、先生のベスト判断だったんじゃないかと思います
      あのまま入院してたら衰弱してたんじゃないかと
      今のテールの神経質ぶりを見てると、ほんとにそう思います



      退院から一週間後の17日
      外出たそうに、恨めしそうに外を見てます。



      写真撮る私がうるさいらしい……。
      外も出られない、毛づくろいも出来ないでイライラしてます。
      そして、見るも無残なマルガリの垂れたオナカ……困った


      とうとう唸られた困った



      禁止中の1Fに行きたくて、誰かが戸をあけてくれるのを待つテール。
      結構すぐ諦めるいい子ちゃん(笑)
      マルガリなオナカにフラッシュがまぶしい……困った


      さてさて、記念と言うことで
      傷跡写真撮っちゃいましたv
      カメラもって追い掛けていると
      ・・・妹に「あんた、ホントに猫、可愛いの?!」
      と言われてしまいましたが……困ったカワイイヨ!




      ↓ 注意痛そうなのが苦手な方はご注意下さい(念のため小さく表示)













      胸の上の方からおしりのほうまでのスゴイ傷あとです困った



      携帯で母撮影「傷跡天」写真困った

      家に帰ってきて、よっぽど安心したんですね
      そう、テールにとってウチは安心できるところなのだと思うと
      すごくほっとしました


      寝返り打って、傷跡のヨレ具合が見ていて怖い困った困った



      摘出物検査の結果、無事ただの腫瘍(でも要観察)という検査結果も出て
      ほっと一息です。



      しかし!

      この後の抜糸で、糸一本取り忘れられてしまうのでした困った怒り困った
      ・・・・・・・・
      避妊手術のときもとり忘れられてます(別の病院)
      運がいいんだか悪いんだか。

      でも抜糸し忘れのお詫びに(?)無料で爪を綺麗に切ってくれました。
      後日そのおかげで、野良猫にパニクったテール(またか・・・)に飛び掛られた母は怪我をせずに済み、
      遊んでいてウッカリ鼻に爪だし猫パンチを食らった私も怪我をせずに済んだのでした。

      まったく、運が悪いんだか良いんだか(笑)

      | 1/1PAGES |