ねこきも更新案内へGO! ☆

…selected entries…

        

…recent comment…

………archives………

………categories………

…search this site.…

…………others…………

◇◆ゆうこさんのこと~感謝です◆◇

0
    下書きのままだった、ゆうこさん猫10の亡くなった時の記事を
    ねこきもブログが終わる前に上げておきたいと思います



    ねこきもブログ「地球箱」は
    2010年7月から書きはじめ、
    2010年11月~2011年12月の
    ゆうこさん猫10の危篤に合わせたかのような期間を
    ちょうど書かせていただくことになりました
    ゆうこさんの記録を残したい私の日記のような状態でしたが
    猫専門ブログだけあって、
    コメントくださる皆さんの経験もさることながら
    心から心配して下さるのが本当に、私の支えとなって、
    ゆうこさんも支えていただきました

    ブログを書いていなかったら、どうなっていたかしら
    すくなくとも、私は、もっともっと、後悔したり
    落ち込んだりしていただろうと思います

    とてもとても感謝しています




    今、見たら記事書きはじめたのは
    日時 2011年12月19日(月) 21:07
    旅立った当日です



    ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----




    19日(月)あさ5時頃のゆうこさんです



    ゆうこさん頑張っていました

    昨夜見たときと姿勢も場所も変わらないまま
    しっぽの毛だけが ぶわっ となっていたので
    ドキッとしましたが
    ゆうこさんは頑張っていました。
    呼吸も相変らずですが
    もう一度開院同時にネブライザーを貰いにいこうと思いつつ
    ゆうこさんの鼻音をききながらうとうとすることにしました



    ゆうこさんは、
    土曜日の朝の輸液69g
    そのお昼すぎにフードの汁ひとなめ
    お水ひとなめ
    夜8時頃にお水と退院サポートのゆるめたのをひとなめくらい

    それきりゆうこさんはなにも口に出来ておらず
    輸液もしていません

    ほぼ丸二日補給しないというのに、まだ頑張っていたのです
    どんなに、苦しかろうか。
    輸液をすれば命は永らえましょう
    使いかけの輸液セットを出しさえすれば、
    すぐにできることだけれど
    でもそれと同じ分だけ苦しみも続くのでしょう
    末期の腎臓疾患でこの断食はもう致命的です
    今この状況で、私にできる一番のことは、なにもしないこと。

    しかし、窒息しそうな鼻づまりは、なんとかしてやりたい。

    鼻は今や完全に詰まったのか、
    口呼吸しているゆうこさんの口は渇ききっています
    口呼吸ですら、時折吸えないほど
    のどの奥で何かが邪魔をしているのです

    それでもゆうこさんは頑張っていました

    6時15分頃
    ゆうこさんが急にキャリーの内側をガリガリとひっかきました
    少しでも吸引薬が漏れないように、濡れガーゼとビニールで封してある側の扉をあけるのを一瞬ためらいましたが、
    開けました
    横たわったゆうこさんは上だった左手で
    もう二回ほど、ガリガリ、したでしょうか。
    苦しそうでした。

    ゆうこさん。
    お薬、お注射、嫌なとき、叩きおとす手は、いつも左でしたね
    ちょっと伸ばすように、左手が出ていたので
    ゆうこさんが望むかどうか、悩みましたが
    その手の下に、指を三本差し入れました
    しわしわふよふよの、つめたい肉球でした
    ゆうこさんは、苦しそうに、息を吸っていました
    吸えていたのかどうかわかりません
    もうガリガリすることはなく
    苦しそうに息を吸っていました
    でもたぶん、もう、息を吸おうとしても、
    吸えなかったのだと思います
    6時20分ごろ、ゆうこさんは息を吸わなくなりました
    ここで私が手を動かしたり、撫でたりして、
    もしもまた苦しみのところに引き戻してしまったら嫌だと思い
    暫くじっとしていました

    ゆうこさんは頑張ってくれました
    事務所で世話することになった3年11ヶ月前、
    そのとき既に危篤の診断でした。
    暖かい場所とフードをちゃんと得ただけでゆうこさんは持ち直し、
    4月と11月に風邪ひいたりしつつもそれから2年と10ヶ月
    介護も必要なく暮らせました
    昨年の11月恒例の風邪から食欲がなくなり、
    腎臓に負担をかけたゆうこさんはあっというまに危篤になっていました
    それから、途中しない期間が少々あったりしましたが、
    一年一ヶ月朝晩シリンジで高栄養フードを食べさせていました
    試行錯誤と慣れの末、ゆうこさんは悟りの表情で
    大人しく上手にシリンジご飯を食べてくれるようになっていました
    ご飯の用意と後の洗濯はめんどーだったけど、
    シリンジご飯上手にたべてくれるのが、
    嬉しくて、たのしくて、好きな作業でした。
    ゆうこさんが、お薬も、ご飯も、させてくれたから、
    出来ていました。
    既に老齢になってから出会ったのにどうしてこんなにさせてくれたのか不思議です
    つかまえて椅子にのせてしまえば大人しくしてたけど
    ゆうこさん普段はゼッタイよって来ないし、いつも逃げ隠れして移動してたんですよ
    最初の危篤、2回の静脈点滴、ゆうこさんのこと、3回も引きとめて
    3回も戻ってきてくれました
    4回目、引き止めなければそのほうが良かったのか
    病院をかえていたら違ったのか
    入院させていなかったら、逆に後悔したのか
    入院中も私がシリンジご飯に通えばよかったんじゃないか
    選択肢はそのつど一つしか選べなくて
    やってみなければ、わからなくて
    じょうずに死ぬチャンスは一度しかなくて
    私がどれだけいい選択肢を選べたのか、わからなくて

    でもきっと、ゆうこさんにはそんなこと関係なくて
    今の状況をただただ全力で頑張って、
    一生をやり遂げただけなんだと思います





    思うけど、

    ゆうこさんが動かなくなってから、暫くして
    口から痰がいっぱいでてきました
    なんで生きてる時ではなく、今になってと憎らしくて、
    取れるだけ引っ張り出してきれいにました
    なんでこう痰がつまってしまったのか、
    初期のときに本当にどうにかしてやれなかったのか
    本当に、風邪薬、抗生物質を飲ませることだけでしか治療法がなかったのか

    人間は、じたばたそんなことや色んなことを考えてしまいます





    ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----


    ここまで、当時書いて下書きにしたままだった文章です






    ゆうこさんにお花もいっぱい頂きました
    ありがとうございます









    今、ゆうこさんのことを書いていた当時の他の記事を見返すと
    かなり感傷的で少々恥ずかしくもありますが
    ブログを書いて、皆さんにアドバイスと励ましを頂いて
    本当に助けられました。
    先に虹の国へいってしまったみにゃさんが、そっちにいると思うと
    安心というか、本当に心助けられたのを
    今も感謝しています



    今も…といえば
    病院の件ですが
    ずっと掛かっていた先生でしたが物理的に痰詰まりのことを考慮できていたとはどうしても思えず
    考えられる原因とか、考えうると治療法とか聞いても挙げてもらえなかったこと
    今思うと、人間のお年寄りみたいに、痰の吸引をすることは出来たのか出来なかったのか
    今でも不満で不満で不満です。
    こっちも尋ね方をちゃんと考えなきゃならないって、思い知りました。
    でも病院に行く時は心中騒乱状態なので難しいんですけどね…
    普段から紙に書いておかなきゃ無理だなとも思いました

    苺ミルクさんのところのぴーちゃんのことのときもゆうこさん猫10とすごく状況重なるような気がしてまして……
    もしゆうこさん猫10
    雑種じゃなくて拾ったんじゃなくて血統書ついてて
    なつこくて、カワイイ猫だったら
    先生、態度、違ったんじゃないの?
    って、思えて、思えて、しかたありません。

    飼い猫と、ノラ猫と、処置対応は違えて当然かと思います
    ノラ出身を飼い猫と同じように診ようとしたって診れるわけないです
    おとなしく診察されるのは奇異な事象です
    沈静かけないと診れなかったり、先生三人がかりで抑えて診たり、しなきゃいけません。
    ノミもうつる病気も外には多いから、飼い猫と同じ入院室にいきなり入れられないことも事実です。(ゆえに、ちゃんと野良猫用室がある病院のほうが、ちゃんとノラ持ち込みを想定してあるのでノラにも優しいし、室内猫への院内感染とかも安心かなと考えています)

    でも、手を尽くすか尽くさないかは
    買ったか、拾ったかで、医者が決めないでほしい
    そんな医者存在しないで欲しい

    猫が手を尽くさせてくれるかどうかは、難しいことでもありますが…
    案外、ゆうこさんみたいに、やるだけやらせてくれるかもしれませんもん





    今色々考えたって
    ゆうこさんはもう、虹の国で気ままに過ごしていて
    戻ってはこないんですけどね





    あ、夢列車があるから、時々戻ってきてますね!
    私は会えないけど、
    こっちにいるみにゃさんからお土産話聞いておかなきゃですね力こぶ











    ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----
    ねこきもブログでの記事らしい記事としてはこれが最後です

    2012年9月30日16時現在
    総アクセス数 27521
    総記事数 246 (下書き9含む)
    総コメント数 2006(半分近くは私ですかね)
    地球箱「老猫」カテゴリ記事 37
    ねこきも内 総「老猫」記事122なので
    4分の1はゆうこさん記事ということですね・・・うぷぷ




    いっぱいいっぱいかまって頂きありがとうございました!

    ねこきもブログを書いていたおかげでいろんな出会いがありました
    こんなに全国にねこともができるとは思いませんでしたよ~ダンス

    移行してもどうか皆様、みにゃさま、宜しくお願いしまーす!!


    ◇◆ゆうこさん初七日◆◇

    0
      本日25日、ゆうこさんの初七日でした

      あっというまに、って感じです




      これは20日夜のゆうこさんの骨壷バラの様子です
      売ってた骨壷入れがちょっこしイマイチだったので
      シリンジご飯のときにいつも使っていたガーゼの手ぬぐいでチクチク作ってみました(笑)
      和柄の布もあったんですが、なんか、これがいいかなって、おもって。




      20日に、
      ねこぴんさんから、ひまし油とお守りが届きました

      同じく20日に、
      charlottoさんから、栄養剤とフードが届きました

      お返事が滞ってしまい、お送りしていただいてしまって、ごめんなさい
      ゆうこさんへ、間に合えと送って下さって、本当にありがとうございました。




      うるうるてっちゃんさんからお花が届きました
      ゆうこさんのためにすぐ手配して下さったんですね。
      ありがとうございました
      すぐ置けて飾りやすくていいですね





      かんさんからお花が届きました
      私がいつも、ゆうこさん猫10 って桃色にしてたから
      そのイメージでお願いして下さったんですね
      ゆうこさんらしい花束。ってうけとってすぐ思いました
      お伺いも立ててくださいまして、ありがとうございます
      母が、なぜか職場に持ってきてくれたので
      豪邸とも記念撮影カメラ






      ごろままさんからお花が届きました
      いつ届くってメールもありがとうございました
      緑の多い花束で、癒される感じです





      キラりんさんから、クリスマスカードと葉書とメッセージが届きました
      はがきの絵柄は
      猫とか犬とか鳥とか竜!とか、悠々自適自由気ままに暮らしてる。って絵柄です
      虹がかかってるから、虹の国の絵なのかな。
      ゆうこさんへのメッセージありがとうございました


      母が、「ねねねねこに花が届くなんて!!!」と、驚愕してましたよ(笑)
      かくいう私も、たぶんゆうこさんも、びっくりしています
      ブログへのコメントも、メールも、たくさん、ありがとうございました
      記事にしてくださったことも、ありがとうございました
      そちらへのコメントでゆうこさんにふれて下さった皆様も
      ありがとうございました
      ゆうこさんのことを、こんなに思ってもらえて、驚いています
      感謝しています。

      ありがとうございます







      というわけで、またお寺さんにいってきました。
      日曜で混んでそうだったし、お参りだけですけどね汗

      行きに見当たらなかった、ゴマ長老も帰りには出てきていましたダンス
      なでなでもさせていただきましてよラブ

      ゴマさんも、元気で長生きしてね~


      ありゃ、写真しっぱいしてる困った










      そうそう、鈴之真猫4ですが、調子はまあまあ?です
      ダメちょっとまだ歩き方が変
      ダメときどきおトイレの量が少ない
      って感じですが、
      夜中泣き喚いたり、ドアガリガリ困ったしてお外でたがったりするくらいにはげんきでっす

      錠剤もちゃんと飲めるいいこでっすまる

      屋内だけだとストレスためてしまうので
      様子をみつつ、
      OKまぁまぁ元気そう
      OK天気よし
      の時には、昼間だけ外に出すことにしてみました

      これなら鈴も夜だいたい寝ててくれて、しちにんもわりかし安眠できるので(苦笑)
      よさそうならこの作戦でしのぎたいとおもいます笑顔汗

      ◇◆ゆうこさんやり遂げました◆◇

      0
        本日はご報告になりましたこと、最初に書いておきます。
        ゆうこさんは、12月19日朝 6時20分
        猫生やり遂げて虹の国へ旅立ちました

        これは11ヶ月前くらいの写真ですラブ

        毎日記事にコメントありがとうございました
        いただいたコメントにお返事しながら
        どれだけ、私の混乱しがちな考えや覚悟を再認識させていただけたか
        本当に感謝しています
        記事をかいていて本当によかったです
        書いていなかったら一人で抱え込んでいたら、
        心の面でものすごく辛かったと思います
        遠くのお会いしたことも無い方々から届くゆうこさんへのエールや祈りは
        きっとゆうこさんをいいほうへ運んでくれたと思います
        ありがとうございます

        ごろーくん、かんすけくん、本当にちゃんとお迎えに来てくれてありがとう
        ゆうこさん、ほんとの年齢は不明だから、実は年上だったかもしれないけど、どうだったかな?
        でもそっちにいったら、もうそんなこと関係ないよね
        もう一回いいたい。
        ほんとうに、ちゃんと、いいときにお迎えに来てくれてありがとう。

        仕事を昼からお休みいただいて、
        2時半ごろ市内のお寺で火葬にしてもらいました
        以前、記事書いたことのある、ゴマ長老猫3のいらっさるお寺です
        長老は今日も元気でしたキラキラ
        実はゆうこさん、今まで、最初に病院に連れて行った猫暦70年さんの苗字で病院に通っていました
        ゆうこさんは今日あらためて、私の苗字でのお葬式になり、お骨になりました
        ゆうこさんは、私が亡くした最初の猫になりました。
        お坊さんにはよくしてもらいました。
        自転車を止める場所について聞いたときに、その返事の上に、ゆうこさんについてを話しかけてくれました
        お経でお骨を預けたとき「ゆうこちゃんですね」っていわれたので、ちょっときになって「いつもゆうこさんってよんでたんです」って言ったら、お経の中で「ゆうこさん号」って言われてました(笑)
        そういえば遺体受付のとき、書類出して、待ち時間を告げるとき、受付の方が「ゆうこさん」って言ったんだけど、他の方の受付きいてたらちゃん付けしてた。もしかしてわたし独り言の呼びかけでゆうこさんって言ってたのかな。おぼえてないんだけど。そういうところちゃんと聞いてるのかな。

        一旦、お骨と一緒に事務所へ戻って皆さんに挨拶して、
        そして、いまうちにいます。
        ゆうこさん、ようこそいらっしゃいました。
        初めて来る場所でごめんね。
        でも、テールのこと、覚えてる?
        あのときの三毛猫はゆうこさんであってるのかな?
        テールに聞いたらイラッとしてたけど、どういうことなんだかわかりません(笑)






        で、今PC前でこれ打ち込んでるわけなんですが、

        ひざが重いです。6キロ超え。

        帰ったら微妙にビッコ引いてる猫猫4が元気にお迎えしてくれました困った
        カエル「鈴之ーーー!おまえ、またか!!?困った困った困った
        手足ニギニギしても痛がらないし、見た目、爪も肉球も傷なさそうなんで
        とりあえず様子見のために自宅療養です落ち込み
        びっこひいてるくせに、鈴はあちこちよじ登りダンス
        プレゼント用にかったはいいけど詰んである山山を登って崩壊注意させ、
        (山にした私が悪いとも言う・・・)
        あげようと思って作っていたまたたびおもちゃを奪取困った
        だいぶ長いことなめまくって噛みまくって、およだれしたたるおもちゃが後に残されました・・・
        びちょびちょすぎる・・・・・・困った
        今はやっと大人しくひざですやすやしてます
        大人しければそれはそれで重いという・・・・・・困った

        鈴は袖にたれた涙を不思議そうにクンクンしてました
        しょっぱいから、なめちゃだめよ

        本日も、安眠できなさそうです(笑)



        だんだん何かいてるのかわかんない感じになってきてまして申し訳ないです

        書きたいことはいっぱいあるんですけど、
        後日書きたいと思っています

        悲しかったり悔しかったり寂しかったりぼーっとしそうになったりしてますけど
        たぶん、一番は、
        ゆうこさんが、さほど苦しんだ様子を見せないで
        目の前で逝ってくれて、ほっとしています
        ゆうこさんが苦しくないんだったら、私の目の前でなくても良いとは思ってたけど
        私の居ないときだったら、私はゆうこさんのそのときを想像することしかできません
        たぶん、後になって見たのなら、とても苦しんだことを想像していたでしょう
        ゆうこさん、立ち会わせてくれてありがとうね






        あの、全く杞憂かもしれないんですけど
        ゆうこさんの、旅立ち&お迎えの様子の合成写真とか、絵とか
        メモリアルグッズとか、
        上手い表現がみつからないんですけど・・・・・・
        要りません。
        自分は描いてしまったくせに、と思うんですけど、
        こんなことわざわざ書いたりして申し訳ないです。


        では、もういちど、皆様にお礼を。
        ありがとうございました

        ◇◆ゆうこさんがんばる◆◇

        0
          ちょっと早起きして、こっそり(笑)事務所へ

          ゆうこさんここにいました。動いていたようです
          がんばっています

          ゆうこさんを見ながら寝っころがっていたのですが
          メイワクだったのか、よてよて向こうへ行ってしまいました困った汗
          行き着いたのはドアのところでした

          ゆうこさんを動かしてから撮った写真ですが
          ドアの開くところに、鼻先をつけるようにして、居ました
          ゆうこさん、今まであまり脱走の心配のない猫でした
          特に最近はドアのほうを見ることもありませんでした
          どうしたんでしょうか
          まだ暗い時間だったので、部屋は豆電球だけつけて、
          玄関には電気がついていました。
          もしかしたら明るいほうへ行きたかったのかもしれないと思い
          電気をつけてみました
          好きにさせていようと思いましたが、そこで漏らしてしまったので
          抱き上げてお座布団へ戻しました

          それから移動はほとんどしていません。

          開院時間目指して、病院へ相談に出かけました走る
          自宅の猫たちのほうのかかりつけの病院です
          (入院していた病院でも、タンが出た話もしましたが「そうですか」みたいな感じでしたので、ここへきてやっと病院を変えました。)
          事務所からはちょっと遠いのと、込んでいて1~2時間待ちが普通です。
          ゆうこさんを連れてちょくちょく行ける距離ではなかったので、その点が難点でした。

          きのうこみぞうさんからコメントいただいたお薬をもらってこれないか聞きに行きました
          ちょっとまえのねこきもの巻末あたりの病気相談(?)のところにも載ってたやつです
          つれてこないでも出来るのか、
          あの酸素室みたいな装備が要るなら貸してもらえるのか、
          買えるのか、買える値段なのか、聞きに行きました。

          気にはなっていたのですが、もうゆうこさんを移動できないし。とか、
          もう間に合わないとか、どこかあきらめていたのかもしれません。
          まだ考える余地はあったのに。
          なんか、自分ではもやーっと思っていたことを、文字にしてくださったので、
          やる気がわきましたありがとうございます

          最近の検査結果と、出たお薬の書いてある明細書を持っていきました
          病院に着くとすでに8番目の札が用意されてましたが、
          その番号は渡されず、院長先生がカウンターに来てくれて相談してくれました
          状況説明して相談。
          お薬(ネフライザー)は出せる
          噴霧する機械が必要
          噴霧の機械(吸入器)は貸し出しできない
          とのこと、で、
          違う配合のインターフェロンの点鼻薬を一応出してもらうことにしました
          お薬を待つ間、落ち着いて考えて、また受付の方にいろいろ聞いたところ
          院長先生にまた出てきてもらいました汗すいません
          で、聞いたこと。

          ネフライザーのお値段一本3000円
          吸入器の往診はしていない
          吸入器は大きい家電店に売ってるかもしれない
          場所は酸素室みたいにちゃんとしたのでなくて、
          キャリーにビニールかぶせて空気穴あけるとかでもいい。
          スプレーとかでは効果薄い

          で、
          吸入器が今売ってるかどうかもわからないから、どうしますか
          と聞いてくれて
          それでも試してみたいので欲しいというと、
          無駄になるかも、ということで、半量・半額にして作ってくれました
          あと、飲ませちゃだめ。だそうです。


          大きな電気や2軒はしごしましたが、お水限定の吸入器しかなく
          考えた末、機械は断念。
          効果は薄いでしょうがまた、某ミクロミストスプレーのお世話になることにしました
          それでもできることがあっただけ、どんなにいいかと思います

          帰るとゆうこさん、すやすや寝ていそうだったので、

          動かすの忍びなく簡易でこんなもん作ってみました

          最終的にはキャリーをこんな感じでぬれタオルで覆いビニールかぶせてみます

          おシッポはみでてますけどラブ


          中を覗くとゆうこさん、おまもりに手をのせてました

          ご利益ありそう



          お昼前くらいから度々シュッシュして(ってこういう使い方でいいのかな汗
          夕方、心なしか、気のせいかもですが
          鼻ずるずるの音が水っぽくなったようなならないような…
          これで、気管とかに詰まらずに、きれいに、カーッ!ペッ!! してくれるといいな

          ゆうこさん、よろしくおねがいしますね


          ビニールかぶせた上にブランケットとゆたんぽカバーお手紙のせて
          ふわふわ毛布つるして、大完成ですキラキラ
          門番さん、お迎えはお手紙とブランケット目印にお願いしますね

          帰り際、ゆうこさんのご飯用意して、鼻元に持って行ってみましたが
          ねているのか、反応なし
          すーすー。と、ずーずー、の間みたいな音たてて、ねていました

          やっぱり手はおまもりにOK





          本日のどうでもいい話(笑)
          しちにんの朝&お昼です(また食いかけですいません)

          ごはんみっちり入ってまして、おいしかったです
          ご飯おいしく食べれるって幸せですね




          さて、明日もはやおきしようとおもいまっす。





          あ、こんなところでなんですが、
          かんさん、ごろままさん、キラりんさん、ねこやしきさん に
          やっと、クリスマス画像をメールしましたOK
          こちらはちょっこし横長のハガキサイズになっております
          ちょっと作り直してるので、余計な間違いとかあったらご指摘下さい
          あと、ウッカリちがうの送ったとかもありがちなしちにんですので
          そんなことありましたらごしてきください

          言ったのにこの中に入ってないよーと言う方
          いらっしゃいましたら、すみませんがご一報下さい汗

          あと、しちにんがせっぱつまってて遠慮されてる方がいらっしゃいましたら
          その点はお気遣いなくどうぞ~
          でもお送りするのクリスマスぎりぎりになるかもですけどね・・・すいません汗

          ◇◆ゆうこさんやはり芳しくなく◆◇

          0
            どうも、毎日お騒がせしておりますすいません

            ほんじつのゆうこさんは、朝からとてもお疲れの様子でした
            鼻づまりも相変らずです

            朝、輸液しました
            脱水がひどい状態でした
            ご飯は食べられない様子だったので、用意はしましたが断念
            輸液で調子が良くなった頃に挑戦してみようかと思いました

            昼まで販売の方へ応援に行かねばならずお店へ走る

            お昼ごろ、ゆうこさんの調子は改善しておらず
            へばりついたように寝ています


            なぜかトポが中に入りたがり玄関でどたばたするので
            挨拶・・・?と思ってしまい、ちょっと中に入れました

            ご飯たべちゃったりしそうなんだけど、遠巻きに恐る恐る確認してました


            お昼過ぎ、キャリーから出てきました
            トイレをみているような感じだったので確認すると、やはり敷物がぬれていました
            そしてお座布団の上で休憩


            フードの汁をひとなめして、飲み込み苦しそう
            たったひとなめの汁をカミカミしてなんとかのみこみました

            その後も大変そうに、二度ほどお水をなめていました

            それ以外はずっとお座布団で寝ていましたが
            夕方、またキャリーへ入っていきました


            息が苦しいと、立ち上がってしまいます




            夜、輸液をするかどうか悩みました
            していいのか、
            しないべきか、

            悩んで、きめられず

            ゆうこさんがまたキャリーからお座布団へ出てきたら、しよう。と決めました


            暫く後、ゆうこさんはお座布団の反対側へずるずると這い出して
            半分だけ出たところで横たわってしまいました

            慌ててすぐ近くにあったタオルを下に入れましたが、
            それだけではキャリーのふちが胸の辺りで痛そうだったので
            もう一枚お座布団を出してきてゆうこさんの下に敷きました

            身体の向きを変えることがとても億劫なように見えました

            まさか反対側からでてくるとは思いませんでした

            輸液はもうしないことに決めました

            きっと、昨日は、わたしのために、ご飯を食べてみせてくれたんだと思います
            前日は諦めた輸液のビタミンをさせてくれるために、
            がんばってみせてくれたのかもしれません


            判断は正しいのかどうかわかりません
            わからないけど、ゆうこさんが苦しくないことが私の一番の願いです
            ゆうこさんがここにやってきたときからずっと、それが願いです

            ゆうこさんがどう思ったかわからないけど
            横たわった顔の下に指3本いれて持ち上げ、乾いたおくちを湿らせたときに、
            ちょっとだけそのままいさせてもらいました




            温風で乾きそうなので、タオル干し持ってきてぬれタオルいっぱい干しました
            今日は一日中、霧吹きしてました(笑)

            恵さんはご不満のようです。ごめんねごめんね。





            皆様応援ありがとうございます
            ゆうこさん、頑張っています
            おまもりいっぱいだから、迷わないよね
            ごろーくんからのお手紙もあるから、目印になるよね
            どうかいちばんいいときにお迎え宜しくお願いしますね


            気がかりですが帰らねばなりません
            いたら、ゆうこさん休まらないかもしれないし

            退院してからは社長たちが帰るまで(小売の方の営業が終わって締めて帰るまで)
            事務所にいさせてもらっています

            わからないけど、あしたはちょっと早く様子を見に行くつもりです

            ◇◆ゆうこさんもちなおす◆◇

            0
              お騒がせいたしておりますすいません
              ゆうこさん、持ち直しました!
              キラキラ


              昨日の夕方は、

              豪邸の中で横たわって鼻ズーズー。
              時々タンが詰まったようになって
              猫10カァーッ・・・・・・
              猫10・・・・・・・・・
              カエルゆうこさん!? 呼吸詰まってる!!?ショック
              猫10・・・・・・・
              猫10・・・・・・ズーーーーー風邪
              って、何とか通じた。って感じで
              横たわり方がだんだん力なくなってきて
              輸液するときに豪邸から引っ張り出しても
              お座布団に力なく横たわって、動かず
              口もカピカピ渇いていて半開き
              目も半開き
              このまま、鼻づまりが原因で、食べたい気はあるのに食べられず
              おなかをすかせて呼吸困難でいってしまうのかと思うと
              しちにん号泣でした
              腎臓で入院したはずなのに。

              もう一度見に行ったときは、お座布団で寛いでいる風で
              その苦しんではいなそうな様子にほっとしたのでした



              今朝のゆうこさんの写真ですOK



              ちなみにこの辺↑の黒い点は、うんちキラキラです! 小豆くらいの大きさですが




              いつも豪邸があったばしょに設置したキャリーにも入った形跡があります
              設置しに行ってよかった!
              入り口のところに、おもらしも発見
              ・・・お漏らしですらハッピーなきぶんになれるとは・・・クローバー困った汗


              そしてトイレ・・・・・もうこの高さをまたげないと思い、
              浅い缶(鳩●ブレ)に砂を入れかえて近くに置き、このケースは放置していました
              ここにも入った形跡が・・・!!
              底と壁にうんちがなすりつけてありました困った
              ここで踏ん張ったんでしょうね
              ごめんね。砂いれて置いてあげなくて悲しい



              キャリーの中もチェックすると

              固まり加減のタンがちょっとだけくっついてました!!

              乾いてない固形って感じです
              小さな塊ですが、これが小さなゆうこさんの喉から取れたのなら
              相当息が楽になったのではないでしょうか

              抗生物質とかステロイドとか、そういう問題じゃなくて
              もしかして、物理的に鼻水固まってとれないだけなのでは・・・
              もしそうだとしても、喉の奥にはりついた固まったタンを解消する方法ってあるんでしょうか

              それにしてもこの取れたタンが、喉に詰まらなくてよかった・・・・




              その後、9時半くらいのゆうこさんです



              浅いトイレにちゃんと座って踏ん張ってましたがうんち登場せず悲しい



              その後暫く、お座布団で休憩





              チョット考えた結果、豪邸をいつもの場所に戻し
              キャリーをエアコン直下に設置
              ゆうこさんはいつも通りの配置(+温風別荘)の方がいいかなって思うのと
              ゆうこさんがいるエアコン直下は、「通路」なので困った
              キャリーケージ豪邸より小さいキャリーの方が通路的にもOK


              そして本日のゆうこさん
              豪邸とキャリーをいったり来たり。
              足取りはよてよてですが、動いています!
              たぶん・・・うんち出きらなくて気持ち悪いって感じでのウロウロ
              フードのお皿に興味をもって覗き込んでいるので、

              高栄養の缶をゆるめて出すと、ひとなめ、しました!!!!!
              そのひとなめを噛むようにしてチョット苦しそうにのみこみました
              とりあえずそれだけでしたが
              昨日の、お水なめても、ほんの少量のペーストでも カハァッ となっていた状態とは違います!
              その後も時々お水を舐めては何とか飲み込んだり、ちょっと苦しそうにしたり
              でも自力で、してました
              フードも、ゆうこさんの気に入ってた「ねこ元気カップ」の汁を何回もなめていました!
              (ねこ元気カップ、好きだからあげようとしたら、アホなしちにんがちょうど切らしていて、近くのスーパーと駅ビルに買いに走るも置いてなくて、そのときちょうど電話がかかってきた猫暦70年さん(本日お休み日)にその話もしたら、ホームセンターに買いに走ってくれました)

              量にしてはほんのちょっとでしょうけど
              とてもとても、ほっとしました

              しちにんが悔しいって言うから?
              三途の川わたるのにお腹空いてたらだめだよって言ったから?
              もしかして、うちの祖母みたいに、お迎えに「ご飯食べてからにしましょう」って言われたとか?
              まだちょっとはやいよっていってくれたのかな
              お迎えに、お礼言わなくちゃ。ありがとう。ありがとう。
              あの昨日の状態からここまでくるなんて想像できなかったです
              門番さん、引き続き、どうか宜しくお願いしますね。



              さて、こんな配置になりまして、夜の写真です


              猫2怒なんかへんなの真ん中にいてやなんですけど・・・



              夕方になったらまたお疲れの様子です・・・



              医者にお願いして輸液とビタミン剤をもらってきました
              ビタミン剤入れるの難しい難しいって医者が言ってましたが
              失敗したらしたで、挑戦したいって言ってもらってきました
              昨日のゆうこさんの様子では諦めましたが
              今日はかなり歩き回ってお水も飲んで、汁もなめることができたので
              やらせてもらうことに、しました
              ゆうこさんは、どうなのかなぁ

              夜になってお疲れのゆうこさんは
              輸液中ほぼじっとしていてくれたので、ビタミン剤もちゃんと入れられましたOK



              チョット休憩中のしちにんの膝に、ガッチリ爪をたててよじ登ってくれた恵さんです困った
              タイヘンご不満のようです
              別に恵さんのことないがしろにしてるわけじゃないんですよ~・・・汗






              その後ろで、ゆうこさんがお水を飲んでいます
              ちょっと苦しそう・・・

              休憩したり飲んだりしてました



              ごはんを用意して帰ります
              ごろままさんから送っていただいたロイヤルカナンの退院サポート
              と、いつものヒルズのもお湯でゆるめてなめやすそうな感じに作ります


              ゆうこさん、ぺちょぺちょ。っとちょっとだけですが、
              早速退院サポートをお味見力こぶクラッカーキラキラまる乾杯ダンス
              ごろままさんありがとうです

              いただいたもの、お守りのように使わせていただいています
              ありがとうございます
              記録のつもりでとにかくつづっている記事ですが
              毎日の応援、お祈り、いただきましてありがとうございます
              お会いしたこともない遠くの皆様にこんなに愛情をかけてもらえるなんて
              ゆうこさんもびっくりでしょう。
              感謝しています








              エアコン高めなので、乾燥が気になって気になって
              一日中、濡れタオルが乾いては濡らし、乾いては濡らし・・・・・・
              そうだもうこれは霧吹きで・・・・・・と思い立ちまして


              中身をカップに移して、お水入れちゃいました汗
              リセッ●ュの霧吹き、「ミクロミスト」なんて書いてあるだけあって、細かくて好きなんです
              ちょっと中身の香りがほのかにしますが、大満足の域です。
              シュッシュしまくっています(笑)










              そういえば、「世界一短いペットへの手紙コンテスト」
              なまじ恥ずかしい感じに引っかかってました・・・・・・困った
              これ、手紙内容もみられないし、名前さらし者みたいな感じなんですけど・・・汗

              ◇◆ゆうこさんがんばり中◆◇

              0
                ゆうこさん、今日も頑張っています


                今朝のゆうこさんです
                口呼吸でおくちが渇いてしまっているようです悲しい
                朝、皮下輸液をしました
                輸液で気分は良くなるとは思うのですが・・・・・・



                日中はだいたい豪邸の中にいました

                お昼にインターフェロンの点鼻薬。
                そしてもう一度、ほんの、ほんの少量、シリンジご飯を試してみましたが
                やはり飲み込めずに、カハァ となってしまいました

                なにもしなくても、時々、痰が詰まったような感じで カハァっとなってしまいます


                おトイレは、立ち上がってトイレをみて、出てしまいます
                でも一度はトイレまでたどり着き、そこで疲れて横たわってしまいました

                ゆうこさん頑張っています



                夕方のゆうこさんです

                とてもお疲れの様子で、動くのがとても億劫な様子になりました
                トイレシーツを換えようとしても、ゆうこさん動けずシーツと一緒に出てきそうになります




                悩んだり相談したりした結果、夕方にも輸液することにしました
                輸液で、ゆうこさんの渇きは和らいで気分は良くなると思います
                でも、長く引きとめているだけなのかともおもうのです



                ゆうこさん、さっき輸液をした座布団から、よてよてと歩いて

                ここで一時休憩・・・・・・



                暑いのか?
                エアコンの風が口呼吸につらいのか?
                しちにんから逃れたいのか?

                さすがに暖房が暑いので設定は26度になっています
                これでも高いかな~、しかし夜間寒いかなぁ~とまた悩んでしまいます
                今までゆうこさんがいたお勝手は暖房つけても空気が流れず寒かったのでつい心配になってしまいました




                もじもじしていたので、一旦、豪邸へ戻してしまいました




                暫し後、今度は机の下まで、よてよてと、休み休み行ってしまいました




                そして、呼吸が苦しくなって、途中のキャリーに入って仁王立ちで整えていました
                呼吸が苦しいと立ち上がって胸を伸ばすような体勢をするんだそうです




                そしてまた、机の下へ・・・


                あまり構われたくない

                そう思えましたので、しちにん、帰ることにしました

                点滴もさせてもらったし、もうステロイドも打たなくていいかなって・・・。
                もうしちにんには今日のところできることはないわけですし

                やっぱり、いつも思っていたように

                ゆうこさんは豪邸やこの事務所内でひとり落ち着いていられることがいちばんいい
                ってことが、それであってるよって証明されたような感じがしました
                よかったです

                とかいいつつ、いつも豪邸を置いていた場所に、入れるものを何も置いてこなかったことに気がついてしまい、気になってコッソリ設置しに行ったところ、
                ゆうこさんは、お座布団の上でしたまる
                なんか寛いでいるような感じに見えました。
                しちにんに気がついたような、なんか来たなと思っているようで(ゆうこさん耳聞こえず、目もあまりみえていないので)ちょっとキョロっとみまわしてましたが、そのまま寛いでましたOK
                よかったですまる



                応援、コメント、本当にありがとうございます
                追々時間みつけてお返事コメントしたいと思ってます
                イラスト褒めてくださってありがとうです~
                テンション上がるので助かります(笑)

                ちょっと今日も時間が作れなかったのですが
                印刷用のイラストのメールの方も、追々いたしますので貰ってやって下さい笑い

















                虹の国の門番、ごろー君と、かんすけくんへメール

                ◇◆退院しましたー◆◇

                0
                  ゆうこさん、お陰様で 病院で大事になることなく退院してこられました
                  ありがとうございます

                  明け方病院で、トイレでうんちしようとして頑張りすぎて呼吸困難になり
                  危険な状態になりかけたそうです



                  かえってきたけど動くのも億劫なようです
                  豪邸を近くまで持ってきても、気にはすれどキャリーからでてきません

                  エアコンとガスヒーターの温風直撃のところにおいてみました
                  お守りも設置


                  息が苦しそうです。鼻づまりで



                  お水もフードも食べないので
                  お昼に皮下輸液
                  キャリーからおしり半分だけひっぱり出して輸液しました
                  ゆうこさん、輸液が終わると、キャリーの向こうへ抜けて(両扉です)
                  豪邸へ帰っていきましたまる
                  で、またおなじところに豪邸を設置OK







                  夕方、他階の部署の方がゆうこさんを見に来てくれました
                  ゆうこさんを覗き込んであーだこーだしてると
                  (猫好きではない方々なので触ったりはしてない)
                  ゆうこさん、おもむろに起き上がり、
                  フードの汁をちょこっとなめ
                  お水をちょこっとなめ

                  よてよて と 逃走しました



                  事務机の下へ・・・困った

                  あまり見に来ない方々が覗いてたので居心地悪かったのかな



                  その後、シリンジご飯に挑戦

                  ほんの少ししか口にいれていないのに
                  鼻づまり+飲み込み で呼吸が止まります
                  これでもし、ゆうこさんが詰まった鼻を吸う力がなかったら・・・
                  3度、ほんの少量試して、三度とも数秒息が止まりますので断念しました

                  ドライフードごっくんならできるかなと(のどにはりついたりしないし)
                  錠剤の容量で口に放りこんでみました 

                  猫10 カハァッ
                  しちにん困った困った困った

                  だめだったようです。

                  ゆうこさん、よくちゃんと吐き出してくれましたOK




                  何度も考えましたが

                  やはりゆうこさんは住み慣れたこの事務所にいるのが一番安心だと思います
                  夜間、人間はだれも事務所にいませんが
                  それでも、私が、ゆうこさんにとって見知らぬ場所へつれて帰るより
                  いいと思います

                  ステロイドの注射と、もう一回皮下輸液を少量するために
                  上司さんか社長さんが事務所にいる時間まで、居残らせてもらいました






                  今日は、これ以上できることはない。やれることはみんなやった
                  と思うので、21時ごろ家に帰ってきました




                  しかし、うじうじ しちにん。お風呂に入ってると色々考えてしまいます
                  エアコン温風直撃すぎて無いかしら
                  エアコン温度高すぎて無いかしら(28度)




                  うーうー

                  でもまぁ、ゆうこさん、また明日ね~!って言ってきましたから
                  明日、鼻づまり良くなってスヤスヤラブZZZしててくれたりしないかなぁ~~

                  ◇◆不安もありですが・・・◆◇

                  0
                    今日は朝起きたら雪でびっくりしました
                    まず思ったのがゆうこさんの部屋のエアコン何度にしてきたっけ?困った
                    でした。
                    次に思ったのが、降ってて通勤めんどい困った
                    でした(笑)




                    さて、本日のゆうこさんですが・・・

                    朝。
                    お薬も飲み、シリンジごはん無事に完食

                    昼。
                    点滴、まぁ無事に終了
                    ちょっと皮下に入った液がやけに膨らんでみえて心配になり少なめで切り上げました
                    量った結果88gいれてました
                    輸液中、なんか元気なく座ってたのも心配


                    午後。
                    ほとんどでてこない。
                    トイレ2回(いつもは4・5回)
                    お水もあまりのまず、フードも口元に持っていっても2・3回なめるだけ
                    座り方が疲れている感じ

                    夕方。
                    決心して、猫暦70年さんにも相談というか私の希望を伝え
                    ゆうこさんに入院してもらいました

                    また静脈点滴です



                    実は4日の日曜日に点滴貰いに行ったとき
                    体重が減ってること等を伝えたら
                    このままでは進行するだけなので
                    また入院して静脈点滴したらどうかとの話がありました

                    そのときの私の心境は

                    もう入院なんかして痛い針さしておいたりしないで
                    このまま大好きな豪邸をなんとかあったかく保って
                    ここにいさせてやるほうがいいのではないか

                    なにより、入院中のシリンジご飯が不安

                    でした。


                    しちにん、シリンジご飯を、ゆうこさんに、なるべく美味しく食べさせることにおいてはせかいいちのうでまえ力こぶだという自信があります
                    (まぁ、当然ですが(笑))

                    先生のシリンジご飯の給餌速度は、しちにんの3倍は確実にこえています困った

                    あれを思い出すと不安で不安で・・・・・・
                    誤嚥して肺炎になったらと思うと不安で。

                    もう入院させたくないと思っていました



                    でも、今日の、豪邸の中で疲れた格好で横たわっているゆうこさんの様子をみていて
                    このまま、できたかもしれない治療 をしない 選択をしていいのか
                    このまま、何もしない選択を するべきなのか
                    痛い思いと、大好きな豪邸から引き離してまで、効果ない可能性のあることをしていいのか
                    お迎えが来るのをわかっていて、腎臓が良くないのだとわかっていて、放置していいのか
                    また考えてしまいました

                    そして、決めるなら早いほうがいいと
                    ゆうこさんに、今日からまた頑張ってもらうことになりました

                    老猫の時間を人間に換算するなら、人間の3倍で時がながれているのだそうです
                    (1歳からの若い子は4倍速だとか)
                    私が一日悩んだら、ゆうこさんには3日です


                    点滴の針は右手に入れました
                    血がたらたら出て、しちにんフラッ困ったとしそうでした
                    ああ・・2.3キロしかないゆうこさんの大事な血が・・・って思ってしまいます困った
                    それから採血です困った
                    前回首から採ってゆうこさんのパンチが注射器に炸裂して泣く困ったショック怒り泣くだったせいか、首の選択肢はリスト外
                    足で挑戦・・・
                    バリカンで剃った足は、骨と皮と血管だけでした困った
                    骨ってこんな良く見えるものなの?・・・困った
                    残念ながら足ではあまりとれず・・・・・・
                    左手からの採血になりました泣く

                    そして、シリンジご飯です

                    先生の給餌速度はやはり、しちにんの3倍速でした困った
                    しかも例のまっずい風邪薬もまんべんなく混ぜられたごはん・・・・・・
                    その上ゆうこさんは鼻づまりで飲み込みが不安です
                    ゆうこさんの嫌がりようも半端なく
                    こんなに力があったのかというほどでした
                    採血や静脈点滴の針を入れるときよりずっと激しく抵抗してました悲しい

                    やっぱり途中でゴフッってなってるし・・・
                    本当にそれが気がかり・・・ショック

                    鼻詰まってるし、一年前より飲み込みに不安があるとは告げました

                    結局帰路歩いてるうちにまた不安になって、
                    事務所についてからまた電話してしまいました
                    祖母が、何度か肺炎入院したことがあるのですが、
                    気をつけて食事していても「ゴフっ」ってなってて、それが原因でした
                    誤嚥性肺炎っていうらしいです。
                    おとしよりは自分で食べていてもなりやすい場合があって危険です
                    ゆうこさんは、猫で、猫は咳するのが得意ではないときいたこともあるので
                    万一詰まったらタイヘンなことになると思ってとっても気を使ってきました
                    な~の~に~~~泣く怒る
                    まぁ、誤嚥を恐れて給餌しないわけには行かないって言われたので(・・・)
                    心配で心配で心配なので、ゆっくりやってあげてくださいってお願いしました


                    とても寒かったので、病院にはタクシーで行きました
                    途中やはりえづいていましたが、お水もちょっとしか飲んでいないので何もでなかったようです悲しい
                    移動で踏ん張ったせいか、立派なうんちキラキラが出てしまってました
                    でも、昨日はふたつぶだけ、今日は一粒も出ていなかったので、でて良かったです




                    点滴はりさし後のゆうこさんです

                    ハートのカイロいれの上にあるのは
                    昨日届いた、ごろー君からゆうこさんへのお手紙です

                    虹の国に早く来すぎたら、門番ごろー君が追い返してくれるって力こぶ

                    近くの神社のお守りと一緒に、ゆうこさんの近くにおいてもらえるようお願いして置いてきました


                    ごろーくんありがとうね。
                    門番のお仕事、宜しくお願いしますね!




                    実は昨日 ごろままさんから 療法食を送っていただいていました



                    ごろーサンタさんの写真も入ってましたラブ


                    そして生地屋さんに縫っていただいたという 黒猫柄の黒地のエプロンセット


                    チョット長めでポケットいっぱいで
                    とっても使い勝手がよさそうなエプロンラブ



                    大量のおやつフードもハートドキドキ大ハート


                    クリスピーキッスは、特に鈴がよだれたらすほど困った好きみたいですハート

                    ありがとうございます

                    ごろーくんからのお手紙はほんとに心強いです力こぶ

                    ごろーと仲間たち

                    ◇◆ほかほかの写真で◆◇

                    0
                      今日は珍しく撮りたてホッカホカの写真です。
                      23時ごろ(苦笑)



                      実はゆうこさんが夕飯のとき、あまりにもおとなしかったので

                      心配になって・・・

                      お風呂に入りながら思い出したら、さらに心配になって

                      こっそり様子を見に行ってきました
                      (勤め先なので、防犯的にも夜間の出入りはよろしくないのですが、
                      気になって眠れなくなりそうだったのですいません


                      わりかし大丈夫でしたOK

                      調子悪そうだったら点滴してくるつもりでしたが
                      まぁ、大丈夫かな。といった感じだったので
                      ウエットフードのお湯割り(笑)を差し出したら
                      ゆうこさん的にはかなり舐めてくれましたクラッカー


                      写真の左下部に写ってるのはトイレで、下にトイレシーツを敷いています
                      数日前から、3回ほど、シーツの上にトイレしちゃってます
                      トイレに四足入れてお尻がはみ出してて・・・っていう状況なんですが
                      以前も調子よくない時によくやっていたので、
                      ちょっと状況芳しくないのでしょうね。
                      さっきも行ったら、ギリギリトイレの中と、ギリギリトイレの外と、
                      1回づつしてました

                      ちなみに、写真の左上部はスネる体勢になった恵隊長猫2です困った







                      あら、ゆうこさん、お手々がまた くにゅっ てなってるよラブ

                      お年になると お手々くにゅハート してると楽なんですかねぇ・・・







                      時間は戻って、本日のゆうこさんなんですが

                      あまり食欲が無いので、朝食時に食欲増進剤(今手元に無いので名称わかりません)を飲ませてみました
                      ゆうこさんの量は錠剤 1/2です

                      これ飲ませると、なんか、大きく鳴いちゃうんで
                      あまり気が進まないのですが
                      そういう副作用はないはずらしいんですよね・・・・

                      今日も鳴いていました・・・
                      しかもあまり食欲でなかったショック

                      それに、朝ごはんのときは「お、今日は猫10調子いいかも?音符」とおもったのに

                      午前中に「あおー あおー」とひとしきり鳴いて

                      その後疲れた感じの丸まり体勢でねてばかり

                      そして夕ご飯時のゆうこさんはほぼなすがまま・・・・・・
                      覇気が感じられません

                      夕飯がやたらスムーズに終了し、椅子から下ろすと
                      いつもゆっくり豪邸に戻っていくのですが

                      トボトボ、よてよて、心なしかフラフラ、戻っていきましたショック

                      豪邸内で座ってる姿もなんか、しょぼくれてる

                      その、ご飯後の写真(暗くてスイマセン)





                      朝は調子いいかと思ったのになぁ・・・・
                      そんなに寒くも無かったし
                      まさかおくすりのせいじゃないだろうかと思えてしまいます
                      あのトボトボ・・・フラッ っていう歩き方を思い出したら
                      心配で・・・
                      でもご飯は無事に飲み込めてそうだったし
                      お水も自力何回も飲んでたし、トイレも行ってたし
                      大丈夫かなぁ・・・・
                      と思えども、やはり心配で(苦笑)

                      ようすみてきたので、安心して寝られます笑い汗
                      フードの汁もよく飲んだし、トイレも行けてたしOK
                      よかった



                      ねえゆうこさん、しちにんたらはりきって
                      また缶詰1ケース買っちゃったのよお金
                      24個で、ゆうこさん一日1/3しか食べないんだから・・・
                      だいたい3ヶ月分ね
                      うんちシールなんか一年分買っちゃったんだからね
                      よろしくたのみますよ~~





                      ついでに、先日4日の朝、別荘で寝ていたゆうこさんです

                      デジカメわすれてケータイでカメラ

                      温風直撃、幸せそうですラブ

                      | 1/4PAGES | >>